久しぶり!雄阿寒岳

シュウでーす!
三連休の中日、non奥さんと3年振りに
雄阿寒岳に登ってきました。
我が家ではあまり人気のない山ですが、次週羅臼岳山行の
足慣らしと思って行ったのですが・・・。
7月16日(日)4:00釧路の自宅を出発。
午後から雨の予報の為、早めに下山する事にしました(・・・が)。
雄阿寒岳7月国道より

途中、コンビニで朝食と行動食を買い出しし、
5:15登山口到着。
天気は高曇りで気温は高め、すでに20度近い。
そして駐車場は2~3台の駐車スペースしか残っていない。
「今日は結構登っているな。やっぱり三連休だな。」
雄阿寒岳7月登山口1

5:35 装備を整え登山届を記帳し、いざ出発!
雄阿寒岳7月登山口2

滝口から太郎湖へ。
雄阿寒岳7月太郎湖

次の次郎湖を左に見ながらゆっくり高度を上げる。
         雄阿寒岳花2

昨年の台風の影響で倒木があちこちにあり、一部登山道を
塞いでいる。
雄阿寒岳7月1合目

大きく迂回しなければならない箇所も。
雄阿寒岳7月登山道倒木

7:00 3合目手前で休憩。
ここから先、急坂となっていく。
    雄阿寒岳7月3合目
               雄阿寒岳花1

きつい坂が続く。そして核心部の4合目から5合目までの
急坂へと突入!
雄阿寒岳7月4合目

数歩登って足が止まる。先を見てがっかりする・・・を、
繰り返し繰り返し登って行く。
雄阿寒岳7月4~5合目

8:55 ようやく傾斜が緩くなったところで5合目に到着。
眼下に阿寒湖が見える。
「しかし、異常に暑いな~!」気温は25℃
    雄阿寒岳7月5合目

雄阿寒岳7月5合目より阿寒湖

5合目でほぼ8割クリアと標識に書いている通り、傾斜は緩やかになり、
8合目へ向かう。
    雄阿寒岳7月6合目
                    雄阿寒岳7月7合目

9:50 8合目から頂上が見える。
風もほとんどなく気温は相変わらず高い25℃。
雄阿寒岳7月8合目より頂上

ここから9合目に向かってアップダウンがある。
雄阿寒岳7月8合目
                 雄阿寒岳花3

9合目からは遠く、ヒョウタン沼が小さく見える。
      雄阿寒岳7月9合目

雄阿寒岳9合目よりヒョウタン沼7月
                雄阿寒岳花6

何だかんだ時間がかかって、10:15ようやくH=1370.5m山頂到着、「ふー!」
登山途中で抜いていった方々が山頂で休んでいました。気温28℃。
後からダルメシアンの子犬を連れたご夫婦も登ってきました。
なんとわんこは携帯用ハウスで休憩です。「ほう~!うちのアンファンは無理だな。」
雄阿寒岳7月頂上

山頂からはパンケトウが見えてました。
雄阿寒岳山頂よりパンケトウ

私は早速朝コンビニで買ったノンアルコールビールをグビッとやりました。
もちろんnon奥さんにもおすそ分け。
雄阿寒岳7月山頂ビール

空を見ると雲が早く流れ、日が差したり、曇ったりを繰り返す。
やはり天気は悪くなる気配。
10:30 長いせず、さっさと下山開始。
11:25 5合目。しかし暑い。雲はだんだん多くなってきている。
「よーし、後は下りだから雨に当たる前に降りられるだろう!」
核心部の5~4合目の下りにかかるが、3年前のようにスタスタ
下りられない。トボトボ降りる。
3合目まで下りてきた。ここまでくればもう急坂は無い。
もう13:00近い。計画書では下山している時間だ。
「急げ―!」
しかし、2合目辺りで雨が降り出した。間に合わなかった。
幸いなことに、樹林帯の中の為、さほど雨にあたらず
13:50 無事登山口に下山しました。
雄阿寒岳7月登山口下山

駐車場では雨に当たりながらの後始末となりました。
結論、「もう、しばらく雄阿寒岳は来なくていいねー」という事になりました。
やはり核心部の4~5合目はきつい!!

次はいつの事やら。 non奥さん、お疲れさまでした!
(PS.羅臼岳は計画再検討となりました。(;´д`)トホホ。)

**シュウ**
スポンサーサイト

苦しかったクテクンベツ沢訓練

シュウです。
今回は先週参加した、山岳会の沢訓練の報告です。
今回、私単独参加でnon奥さんはアンファン
留守番です。
7月1~2日、前泊でのクテクンベツ沢での訓練です。
私の山岳会では定番の沢です。
7月1日(土)17:00頃、前泊宿泊場所(宴会場所)の
武佐岳登山口に到着。
すでにリーダーのT埼さんや参加メンバーのT橋君、M本君も
到着していて、宴会用の炭起こしをしていました。
とっ、突然の雨。「T埼さん、タープ張りましょ!」
「・・・・・・・?」忘れたみたいです。(´・_・`)
T橋君が「テントのフライ張りましょう!」と提案。
何とか車を固めて支点を取り、雨は防げました。
宴会が始まり雨も上がったころ、ゲストの「Y形」さん到着。
今回は男ばかりの男子会です。
宴会の内容はとても公表できません!
9:30私はマイテントで就寝。

7月2日(日)4:30目が覚めてしまい、もう寝られません。
歳ですね~。
天気はうす曇りか青空ものぞいています。
風も無く、暖かな朝です。まだみんな寝ています。
一人お湯を沸かし、コーヒーを入れました。
武佐岳登山口広場(7月)

計画書通りみんな5:30起床。
各自朝食を取り、沢装備を済ませてクテクンベツ沢入渓口まで車で移動です。
20分程で入渓口到着。
ハーネスやヘルメットなど登攀道具を身に着け、ザックを背負って
7:25入渓。天気は上々。17~18℃あります。
駐車場からすぐ入渓できます。
入渓後、昨年の台風の影響か、大きな崖崩れで
岩が河原に落ち込んでます。
クテクンベツ沢崖崩れ

8:10最初の滝、「クテクンの滝」に到着。まずは一息入れます。
何年か前、下山時、この滝を空中懸垂で降りたことがありましたが、
いつ周りの岩が落ちてくるかわからない状態で、それ以後、
実施していません。
クテクンの滝

この滝を大きくたかまき、上流へ上がります。
大小の滝を登っていきます。
沢訓練ですが、登りはロープを出さずに登ります。
女子や初心者がいるときはロープを出します。
クテクンベツ滝1

クテクンベツ滝2

写真はありませんが、実は私、この沢で今回初ドボン(滝壺に落ちた)!
クテクンベツ滝3

ドボンした影響ではないのですが、朝から腰の調子が悪く、
どんどんみんなから遅れていく・・・
「大丈夫ですか~!」上から声が掛かる。
「腰が~、ちょっと!」と、弱気な発言。
遅れながら最後涸れ沢を登りつめ、10:55源頭まで来ました。
私はこの沢に何度も訓練で来ていますが、
いまだに頂上へ行ったことがありません。
今回無理言って、「上までお願いします」と、お願いしました。
クテクンベツ沢源頭付近

「頂上見えますよ~!」と、T橋君。
「え、まだかなり遠いなー!」
「なんも、すぐですよ!」とまたまたT橋君。
天気が怪しくなってきた、早くいかないと。
クテクンベツ岳

源頭から本格的な藪漕ぎ開始。昨年沢に行ってないもんだから
調子が出ない。まして腰の調子もよくない。「きついなー!」
泣きそうになりながら、一歩一歩上がる。
どんどん急になる。「まだかよ!」独り言が多くなる。
休むと周りにぶよの大群が寄ってくる、また登りだす。
笹薮から顔を上げると、今回一番の若手のM本君が
「もう少しみたいですよ!」と声をかけてくれる。
優しい青年だ。
何回か自問自答を繰り返し、ちょっと傾斜が緩くなると
今度はハイマツ帯との戦いが始まる。
他のみんなは「ハイマツステップで」と言うけれど、無理。
何だかんだで文句垂れながら、みんなが待つ頂上へ
11:30に登頂。噂には聞いていたけど大きな岩山だった。
みんなが迎えてくれた。そして「頂上は岩の上だよ」と
最年長のY形さん。
一緒に頂上岩上でパチリ
クテクンベツ岳山頂

この時、私を待ってたかのように激しい雷雨になった。
岩陰で軽く食事をして、レインジャケットを来て雷雨の中、
下山開始。「ゴロゴロ!、バリバリ!」と、すごい雷。
「どうか落ちませんように!」と、祈りながら降りる。
雷は怖かったけど、雨のせいでブヨがいなくなり、あずましい。
帰りもみんなに後れを取りながら、ゆっくりゆっくり下っていく。
途中2回ロープを出し、懸垂下降しました。
クテクンベツ滝4

15:30入渓口の駐車広場到着。私に付き合って降りてくれた
T埼リーダーとゴールしました。
クテクンベツ沢入渓口

すでにみんな装備解除して、着替えてました。
今回はメンバーのおかげで初めてクテクンの山頂へ立てました。
メンバーのみんな、ありがとうございました!

**シュウ**

PS 今回肝心な山頂付近の写真が撮れていないのは、
   自身ヘロヘロで、とてもみんなを待たせて写真を撮る余裕が
   ありませんでした。ご容赦くださいませ。

蝦夷梅雨晴れの雌阿寒

シュウです!
6月に入り雪解けも進み、夏山シーズンスタートですが、
5月末から毎週末天気が悪く、心身ともにカビが生えそうな
毎日が続いていました。
ようやく晴天になった終末17日(土)、non奥さんと暫く振りの
山行(前回2月)で雌阿寒岳へ行ってきました。
地元の山でもあり登りなれた山ですが、雌阿寒岳は好きな山です。
釧路の自宅を6:00に愛車ジムニーで出発。気温10度、晴れ。
今回はオンネトーからの山行です。
7:40オンネトー登山口到着。
すでに数台の駐車あり。
オンネトー登山口1

今日は天気も良いので結構登っているようです。
装備を整え8:00出発。私は気合を入れて短パンです。
オンネトー登山口2

オンネトー登山道1

          オンネトー登山道花2

                            オンネトー登山道花1

小川を渡り、木階段を登り一合目へ向かいます。
急坂に階段はありがたいのですが、階段の土が掘れて
木枠だけが残っていて、とても歩きずらい状態。
そのせいか階段の脇を登る人が多いようです。
足元注意!
オンネトー登山道?
      オンネトー登山道花3

五合目までの間に、昨年の台風の影響で、
あちらこちらに倒木が登山道を塞いでいます。
倒れた松に新芽が出ていて、森の再生を感じます。
オンネトー登山道倒木

                     オンネトー登山道松の新芽

オンネトー登山道5合目

更には登山道が崩壊したところもあり、迂回を余儀なくされます。
オンネトー登山道崩壊

6合目を過ぎ森林限界を超えると空が開けてきます。
雲が流れるように北から南へ移動してきます。
山頂付近は強風のようです。
オンネトー登山道3

天気はいいので阿寒富士も大きく見えています。
オンネトー登山道阿寒富士

振り返ればオンネトーの鮮やかな色が視界に入ります。
オンネトー登山道4

                 オンネトー登山道花4

7合目を過ぎ、火口に近づきます。
勢いよく水蒸気が吹き上がっています。
この風向きで硫黄ガスは危険です、早めに火口尾根に向かいます。
オンネトー登山道5

頂上までもうすぐですが、思った通りの強風。
オンネトー登山道火口1

ウィンドブレーカーのフードを被り、ストックを両手に登ります。
オンネトー登山道6

頂上手前で雌阿寒岳お決まりショット、パチリ!
オンネトー登山道火口2

10:55雌阿寒岳山頂到着。
雄阿寒岳や遠く斜里岳も見えます。
雌阿寒岳山頂(6月)

天気はまあまあなんですが・・・・。
もの凄い風が吹いていました。
山頂では皆さん足早に下山していきます。
我々夫婦もサッサと下山です。
雌阿寒岳頂上下山

森に入れば無風状態で汗が出ます。
ウィンドブレーカーを脱いですっきり。
登るとき気づかなったんですが、
登山道に立木がアーチ状に掛かっているところあり。
オンネトー登山道下りアーチ

                オンネトー登山道花5

12:55登山口へ無事下山しました。
往復5時間の山行でした。最近ローペースでこんなもんかな!
オンネトー登山道7下山

今シーズンようやくの山行はまずまずでした。
次回はいつ行けるのか天気次第です。
それではまた!
オンネトーと雌阿寒岳(6月)

**シュウ**


ベストフレンド&快晴パウダーin藻琴山

シュウでーす!
今週は、親友ジョージの誘いで、
快晴の藻琴山で、パウダースキーを楽しんできました!

2月25日(土)5:30釧路自宅を愛車ジムニーで出発。
今回は、non奥さんはお留守番です。
朝もやの中、藻琴山に向かいました。
シラルトロ湖2月朝

今回の企画は、先月ジョージからのメールで
「2月の週末に藻琴山行かないか?」
「いいぞー!」といったものの、会社行事があったり天気が悪かったりで、
とうとう最終週末に。
しかしこれが正解だった。
                弟子屈セイコマート

途中セイコマで買い物し、川湯まできて藻琴山を眺めると、
山頂が雲の中。
今日もダメか?一抹の不安がよぎる。
今シーズン、non奥さんと1月に行った時も尾根付近でホワイトアウトで
引き返した。
藻琴山遠景1
国道から藻琴山に向かう道道網走川湯線に入り、峠へ登っていく。
展望台まで来たら、何と眼下は朝もやの雲海だった。
硫黄山が頭を出していた。
川湯硫黄山2月雲海

雲海の屈斜路湖の向こうに雄阿寒岳も頭を出している。
雄阿寒岳2月ハイランドより

ふもとで藻琴山が見えなかったのは、雲海の中だった為でした。
見上げると、晴天に照らされ藻琴山が白く光ってます。
「これはいいぞー!」
藻琴山全景2月
8:00ジョージと待ち合わせ場所のキャンプ場入口の除雪帯に車を停める。
8:30が待ち合わせ時間だが、少し早めについた。
現地一番乗りだ。
途中のハイランド入口はすでに満車状態で、今日は混雑しそう。
藻琴山キャンプ場P

それにしても天気がいいなー!風も無く気温は-4℃。
ジョージも到着し、装備を整え、8:35いざ出発。
先発のトレースを辿っていく。
途中、抜きつ抜かれつを繰り返し登っていく。
藻琴山キャンプ場から登り1

途中からは、ハイランドからの夏道ルート上の屏風岩に向かうグループと、
北方尾根のスキー滑走目的で登るグループとに別れてルートを変えていく。
しかしながら、私は夏道尾根に近づきながら北方尾根方向にトラバースしていく。
なぜなら経験上、夏尾根は屈斜路湖からの風に煽られて歩きずらい。
ましてや今回はスキーなので、北方尾根の滑走面の直登もつらい。
等高線に沿ってトラバースし、頂上直下の広場に続く北方尾根にとりつく。
これだと風にあおられずに頂上直下の広場に出られる。
多少時間がかかるけど、私としてはいいとこどりのコースです。
何度かnon奥さんとこのコースを辿ったのですが、全てH900m付近で
天候悪化で引き返しています。でも今日は問題なさそうです!
藻琴山キャンプ場から登り2

遠く斜里岳から始まる知床連邦もはっきり見えます。
藻琴山キャンプ場から登り(斜里岳遠景)

冬の斜里岳は綺麗ですね~。
藻琴山キャンプ場から登り(斜里岳)

まもなく北方尾根です。
藻琴山キャンプ場から登り3

10:35スキー滑走グループのトレースと合流し、北方尾根上に上がりました。
山頂はもうすぐ!
         藻琴山北方尾根3

ここから低木の樹林帯を抜け、広場に出ました。
予想通りかなりの強風です。
広場でスキーを外し、ズボ足で山頂へ登ります。
ハイランドからの夏道コースグループと合流となり
結構な賑わいです。
藻琴山山頂2

10:58 山頂到着!(H=999.9m)
360℃展望が望め最高の登頂でした。
藻琴山山頂2月

広場に戻り、銀嶺水沢側へ滑走し、小屋までまで行こうと滑り始めました。
結構下がったんですが、昔の小屋よりも下にあるせいか辿り着けず、
H=750mで断念、ここから北方尾根まで登り返しました。
藻琴山銀嶺水沢H750

登り返しの途中、エゾユキウサギと思われるウサギと遭遇。
残念ながらカメラを取り出す前にぴょんぴょん跳ねて居なくなってしまいました。
いたところまで行ってみると巣穴がありました。
             藻琴山銀嶺水沢うさぎの巣

12:45北方尾根到着。ここからはスキーを楽しんで帰るだけです。
藻琴山北方尾根4

最高の天気の中パウダーを楽しみました。
藻琴山北方尾根(滑走斜面)
                                               
13:20 キャンプ場へ戻りました。
晴天に恵まれ、ベストフレンドとのパウダーは最高でした。
(すいません、人に見せられるような滑降ではないため、滑走写真は割愛させていただきました。)
藻琴山キャンプ場下山

ジョージまた行こうなー!
non奥さん、アンファン留守番ありがとう!

**シュウ**

モアン山 ~北根室RANCH WEY~

シュウです。
今週は北根室ランチウェイにある「モアン山」へ行ってきました。
メンバーは、non奥さんと山岳会メンバーのM原さんと
斜里岳皐月の滝山行以来、数年ぶりのMさん。
そしてもう一人・・・
2月18日(土)6:00釧路の自宅を愛車ジムニーで出発。
天気はいいけど夜半から風が強い、現地もそうだろうか?
M原さんとMさんとは遠矢駅で待ち合わせ。
6:30揃ったところでMさんの車に全員乗り換え出発!
現地に近づくにつれ路面はアイスバーンとなり、運転手のMさんも
慎重になり、ノロノロ運転。
8:15清里峠手前の駐車場で本日もう一人のメンバー、
いやいや現地ガイドさんのTハマさんと合流。
この日はみんなスノーシューでハイクです。
清里峠手前P1

気温-8℃、やはり風が吹いている。
駐車場から少し歩いたところで「ランチウェイ」に入ります。
清里峠手前P2

ガイドのTハマさんはここでスノーシューを履き、
みんなを先導します。(黄色のジャケットの方)
「この先小川があり、一本橋を渡ってから履いてください」との事。
毎週のようにここに来ているTハマさんのおかげで、コースは踏み固めら
れていて、ずぼ足でも埋まらず歩けます。
(70歳オーバーとの事、パワフルです)
油断してコースを外れると「ズボッ!」その名の通り、埋まりました。
アモン山ランチウェイ2

一本橋を慎重に渡り、みんなスノーシューを履きました。
ここから山頂に向け、スノーシューハイクスタートです!
アモン山ランチウェイ1

開けたところで「モアン山」全景が見えました。
モアン山ランチウェイ3

モアン山ランチウェイ4

ランチウェイは地元の方が整備していて、ところどころに標識があります。
もちろんガイドブックも出されています。
モアン山ランチウェイ5

途中にまた小川があり今度は渡れるんだろうか?
モアン山ランチウェイ小川

「大丈夫、冬は雪に埋まっていて渡れるから!」と、ガイドのTハマさん。
無事渡れて一安心。
モアン山ランチウェイ6

牧場の平原歩きからいよいよモアン山への登りが始まります。
モアン山1

モアン山登山口の標識ゲートを過ぎれば頂上はもうすぐ!
モアン山2

モアン山3

9:25 モアン山到着。やはり風が強い。
「モアン」とはアイヌ語で「モ」は「静か」、「アン」は「ある」ということ。
(Tハマさん談)
確かに静かなる山です。(南展望写真)
モアン山頂上南展望

西別岳をバックに「ハイ、バタ~!」とはガイドのTハマさん。
モアン山頂上1

東展望。俣落山・武佐岳が見えます。
モアン山頂上東展望

北展望。今日は斜里岳が雲の中、残念!
モアン山頂上北展望

西別岳を望み下山開始。
モアン山下山

正面に「ポンモアン山」が見えてきました。
ポンモアン1

なだらかな山です。Tハマさんによれば「ポン」とはアイヌ語で
小さいという意味だそうです。
ポンモアン2

10:10 ポンモアン山頂到着!さっき登ったモアン山が大きく見えます。
風がビュービュー吹いてます。
さっさと下山します。
ポンモアン頂上

下山途中で油絵のような西別岳と摩周岳が仲良く見送ってくれました。
この構図はまた見に来たいですね~。
西別岳・摩周岳(ポンモアンより)

                      摩周ブルー

                                    モアン山KIRAWEY

駐車場に戻る途中の林間でお茶しました。
静かで気持ちのいいティータイムでした。
モアン山ランチウエイでランチ

11:10 駐車場に戻り、Tハマさんとお別れです。
「次は野付半島トドワラ行ってみませんか!」とお誘いを受けました。
また楽しみが出来ました。ウキウキ!

サー、帰りはどこでお風呂?、お昼は?
4人でしばし駐車場車内で打ち合わせ。
本日の締めは、中標津町の「トーヨーグランドホテル」の
ランチ&入浴パックとなりました。
ホテル内会場のレストランはすごい混雑。
入口には「只今、満席」の看板がかかってます。
抜かりの無い我々は、駐車場で席予約を入れて来ましたので
ベストなポジションでランチバイキング~!(ちょっと古いリアクション
このパックは1,550円、ステーキやラーメン・そば・スイーツもあり、
アウトドア後には最高です!
今回唯一男子の私はスイーツまで届きませんでした。
女子はスイーツ、別腹ですね。
どの料理もとてもおいしかった。
トーヨーグランドHランチ

よきメンバーとの楽しいスノーシューハイクの一日でした。
皆さんお疲れさまでした。また行こうね!

(そういえば今月末ジョージと一緒に藻琴山にスキー行くことになっていたっけ。)

**シュウ**
プロフィール

ノンシュウ

Author:ノンシュウ
私たちのブログへようこそ!
私たちは北海道の大自然の中で、野山の美しい景色や、街中での美味しい物(お酒も)を見つけ日々、夫婦+ワン(犬)で楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR