川湯ポンポン山散策

シュウです。
今回は川湯の「ポンポン山」へ、山岳会仲間と散策してきました!

3月16日(土)JR遠矢駅に7:00集合。
この日の釧路は天気が良く、風も無く穏やかで朝の気温はプラスでした。
non奥さんと私は愛車ジムニーで、ノッチさんとM原さんはノッチさんの高級車で出発です。
ノッチさんの車
(前を行くノッチ車)

途中のコンビニで食材を買い足し、9:00ポンポン山入口に到着。
最近は地元ガイドさん達がお客さんを連れて来るようになり、車留めの場所も
広くなったそうです。
ポンポン山入口P

9:10スノーシューに履き替え、ポンポン山へ出発!
ポンポン山1

            ポンポンブランコ
                (ポンポンブランコ)

原生林の中、雪の解けたところに鹿であろう骨と皮が生々しく横たわっていた。(写真なし)
ポンポン山2

ようやくポンポン山らしき雪のない景色が見えてきた。
ポンポン山4

9:40第一ポンポン山に到着。
ポンポン山看板

私は山と言うから小高い山なのかと思っていたが、来て見ると
そこは、赤茶けた谷だった。
これを言うなら「ポンポン谷」ではないか?
第一ポンポン山

一般のツアー客で来るのはここまでで、実はこの先にも、まだ
ポンポン山(谷?)があるらしい。
でもノッチさんの記憶が怪しい、東へ西へ行ったり来たり。
第2ポンポン山

独断と偏見(?)のノッチさんの感ピューター頼りでしたが、
10:40第二ポンポン山へ無事到着!
ここもかなり広い谷(山?)でした。
第3ポンポン山

さらにもう一つ、ポンポン山があるとノッチさん。
M原さんもうなずく。
ここでもなにやら記憶がハッキリせず、またまたノッチさんの
感ピューターに頼って進む。
本日の最高標高313mの小高い丘に登ると、その向こうに
雪のないところが見えてきた。

11:00少し降るとハッキリと見えてきた、ここが幻の第三ポンポン山(谷だって!)。
それにしても3月に春のような光景は不思議な感じがする。
奈良の鹿公園のように鹿が沢山見え隠れしていました。
地熱で雪が、積もらないこの場所は、鹿達にとって越冬するには打って付けの場所なのだろう!
第三ポンポン山


第二ポンポン山に戻り、みんなで一枚写真を撮り、食事の準備。
               第2ポンポン集合写真

ポンポンレストラン準備

11:40ポンポンレストラン開店で~す。
ノンアルコールビールで乾杯
シュウはポットのお湯でカップヌードルミニを人数分とボイルドソーセージ、
そしてフルーツにリンゴ、メインディッシュはノッチさんがどこで調達したのか
「行者ニンニク」添えの焼肉、締めはM原さんがデザートスィーツにシフォンケーキ
なんと豪華な森のレストラン
ポンポンレストラン開店

お腹も一杯になった頃、曇りがちだった空から雪が落ち始め、帰り支度となりました。
13:00入口に止めた車に到着。
お疲れ様でした!
この後、同じ川湯近辺で「リシリヤマ」に登っていた、♀I沢さんと合流すべく、川湯温泉の
「北ふくろう」へ温泉入浴。(日帰り¥600-14:00から)
ここの露天風呂は森を眺めながら入れるので、とても落ち着きます。
男子は会えませんでしたが、女子は湯船で♀I沢さんに会えたようです。
温泉から上がると、外は雪もだんだん多く降ってきました。
ここで解散となり、先にノッチ車が今晩夜勤のM原さんを乗せて釧路へ向かいました。
私たちも少し送れて、出発
途中、美留和の歩道で立派な角の牡鹿が雪の降る中、のんびり歩いてました。
美留和の牡鹿

さあー、帰ってnon奥さんと反省会
17:00頃、釧路の自宅に戻り、近所の居酒屋で、今日の締めとなりました。
今度は、川北温泉かなー!

***シュウ***
スポンサーサイト
プロフィール

ノンシュウ

Author:ノンシュウ
私たちのブログへようこそ!
私たちは北海道の大自然の中で、野山の美しい景色や、街中での美味しい物(お酒も)を見つけ日々、夫婦+ワン(犬)で楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR