スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真っ白な雌阿寒三山(散々!?)

シュウでーす!
愛犬アンファンの病気だったこともあり、暫くぶりの山行デス!
9月14日の三連休中日、non奥さんと雌阿寒岳湖畔コースに行ってきました。
ホントは斜里岳行にくはずが、朝の天気予報を見て雨に当たりそうなので、急遽
変更しました。
5:10釧路の自宅発
車窓からは雌阿寒岳の山様が見えてました。
「やっぱり、雌阿寒にして正解だったね!」と安堵。
6:50登山口駐車場ゲート到着。7:05登山開始。
湖畔コースゲート

登山口まで林道歩き。
湖畔コース林道

7:18登山口到着。ここまで車で昔はこれたのに
湖畔コース登山口

暫くは樹林帯を歩く。何度ここを通っても静かで気持ちがいい!
湖畔コース登山道1

いつも休憩を取る場所・・・、ここからの剣ヶ峰は見映えします・・・が、
今日は真っ白雲の中。「あれー、麓では見えていたはずだが?」
剣ヶ峰展望台

なんかいやな予感。
6合目過ぎ、ハイマツトンネルを通過。
剣ヶ峰分岐尾根で気温が下がってきたため、合羽を着る。
湖畔コース登山道2
                     
                 湖畔コース花1

8:50剣ヶ峰との分岐の尾根まで着いてみると、雌阿寒岳全体が真っ白。
遠くは何も見えない。
湖畔コース山頂尾根分岐

9:40雌阿寒岳山頂。何も見えない!
「ダメだこりゃ、次いこー、次!」
雌阿寒岳山頂9月

さっさと、阿寒富士へ向かう。
雌阿寒山頂尾根

途中青沼を覗く。かすかに阿寒富士が見える。
山頂は見えない。
雌阿寒青沼

阿寒富士麓へ向かうがまだ頭は隠れたまま。
阿寒富士

振り返ると今日は噴気の勢いが強い。「爆発しませんように!」祈る。
雌阿寒噴火口

10:08阿寒富士の麓へ到着。登山前に一息入れる。
阿寒富士2

10:45山頂。
山頂での景色を期待したが、ここもダメ、真っ白!
「うーん、残念!」
山頂で埼玉から来た70歳超のおじさんに会い、
「私は少し景色が見えましたよ」と、デジカメの映像を
見せてくれた。「これで我慢するか・・」麓まで降り、昼食を摂る。
休みすぎたのかやけに寒い。温度計を見ると9℃しかない。
フリースを中に着る。
なんかジリ模様になってきた。
ここで埼玉のおじさんと別れ私たちは湖畔コースへ。
おじさんはオンネトーコースへと向かった。
剣ヶ峰尾根1

剣ヶ峰へ向かう尾根の途中、一瞬視界が開け釧路方面が見えた。
「釧路市内は天気いいのかなー?」
コースに目を戻すと、下山途中の40人以上の団体が。
我々より5、600M先を歩いている。
これは厄介だ。後を付いて歩くのも嫌になりそう!
「剣ヶ峰へ行ってみよう、時間も早いし!」とのnon奥さんの提案。
「あの団体の後を付くなら、時間あけて降りたほうがマシだね」
暫くぶりに剣ヶ峰へ。
       剣ヶ峰花

剣ヶ峰1

13:00剣ヶ峰山頂到着。ここも真っ白だー!
剣ヶ峰2
4合目まで降りてきて合羽とフリースを脱ぐ。
おっ、non奥さんは早速山岳会仕立て、出来立ての海霧(ジリ)Tシャツを着てました。
雌阿寒海霧Tシャツ

暫くぶりの山行なのに、なんか今日は散々だったなー!
でも「雌阿寒散々」・・・、もとい「雌阿寒三山」踏破しました。
14:40駐車場ゲート下山。めでたし、めでたし。
湖畔コース登山口下山
 **シュウ**
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ノンシュウ

Author:ノンシュウ
私たちのブログへようこそ!
私たちは北海道の大自然の中で、野山の美しい景色や、街中での美味しい物(お酒も)を見つけ日々、夫婦+ワン(犬)で楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。