スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残雪の天頂山(5月)

シュウです!
先週ゴールデンウィーク最終日の6日、
いつもの仲良し4人組「超モダンカルテット」メンバー
(ノッチ、キー坊、non、シュウ)で
知床峠の天頂山を目指しました。

6時に釧路を出発、途中コンビニで買い物しながら
羅臼に向かいました。
この時季、知床峠は交通規制があり、この日は
午前10時から午後3時までの開通です。
8:30羅臼に着きましたが、知床横断道の
ゲートオープンまでかなり時間があり、
ジュンの家や展望台など羅臼町内を観光しました。

9:45ゲートに着きました。なんとこの日は
我々が一番乗りでした。
知床横断道路ゲート(羅臼側)

10:00 ゲートが開く頃には10台位の車列ができてました。
10:10 知床峠駐車場に到着。
目指す天頂山は残雪のハイマツ帯の奥に見えました。
知床峠2

対峙して、晴天の中、羅臼岳全景が綺麗に見えてます。
知床峠1

今日のルートは暖気の影響で雪解けが早まったため、
ハイマツ帯を避け、残雪域をスノーシュで登ります。
知床横断道1

10:50 知床峠からウトロ側に車道を少し下ったところから
登り始めました。
知床横断道天頂山登り口

先行者もここから登って行ったようです。
雪があればもう少し下ったところから最短ルートで頂上を
スキーで目指しますが、近年は大雪が降っても暖かいため、
知床峠開通時は、山頂付近はハイマツだらけになっていることが
多いようです。
この日我々は、天気も良く微風の好条件で天頂山火口群へ
残雪域を辿って向かうことにしました。
11:30 山頂までの5つある火山火口のA、B湖到着。
とはいっても今は雪原状態です。
天頂山火山群A,B湖

ここから次のC湖を目指します。
ハイマツが濃くなってきました。
天頂山火山群B-C湖間

11:45 C湖外輪に到着。深いすり鉢状の底に水面が見えました。
先行者はここでずぼ足にアイゼンを付け、湖畔まで行ったようです。
我々はこの雪渓をトラバースするだけの装備を持たなかったため、
今回はここまでとしました。
始めて観るC湖は神秘的でした。
天頂山火山群C湖

軽く食事をして写真を撮り、12:20 下山開始。
羅臼岳が大きく見え、その斜面でスキーヤーが点在しているのが
確認できました。
天頂山下山中1

12:45 無事登り口に戻りました。
ハイマツ帯に阻まれ山頂へはいけませんでしたが、
ゴールデンウィークの運動不足を少しは解消できたハイクでした。
みなさんお疲れさまでした。
天頂山下山登り口着

あっ、無事下山と言いましたが、装備を解いて車道へ出るとき、
ノッチさんが雪に隠れた側溝にはまってましたね~
天頂山下山登山口ノッチ

**シュウ**
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

天頂山ハイク楽しかった~i-237
C火口湖は本当にすり鉢の様でしたね・・
GWの最終日に楽しく面白い体験が出来ました
道路まで1メートルの所に側溝があり下が空洞とはi-183i-195
まさかのハプニングでした!!

お名前有りませんが、ノッチさんのコメントですね!
天頂山楽しかったですね、今度は何処へ行きましょうか!!
☆シュウ☆

No title

あはは・・
名無しでしたねi-229
そうですね~今度はどこに行きましょうかぁ

No title

ノッチさん
次回、夜の部も楽しみにしています\(^o^)/
プロフィール

ノンシュウ

Author:ノンシュウ
私たちのブログへようこそ!
私たちは北海道の大自然の中で、野山の美しい景色や、街中での美味しい物(お酒も)を見つけ日々、夫婦+ワン(犬)で楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。