蝦夷梅雨晴れの雌阿寒

シュウです!
6月に入り雪解けも進み、夏山シーズンスタートですが、
5月末から毎週末天気が悪く、心身ともにカビが生えそうな
毎日が続いていました。
ようやく晴天になった終末17日(土)、non奥さんと暫く振りの
山行(前回2月)で雌阿寒岳へ行ってきました。
地元の山でもあり登りなれた山ですが、雌阿寒岳は好きな山です。
釧路の自宅を6:00に愛車ジムニーで出発。気温10度、晴れ。
今回はオンネトーからの山行です。
7:40オンネトー登山口到着。
すでに数台の駐車あり。
オンネトー登山口1

今日は天気も良いので結構登っているようです。
装備を整え8:00出発。私は気合を入れて短パンです。
オンネトー登山口2

オンネトー登山道1

          オンネトー登山道花2

                            オンネトー登山道花1

小川を渡り、木階段を登り一合目へ向かいます。
急坂に階段はありがたいのですが、階段の土が掘れて
木枠だけが残っていて、とても歩きずらい状態。
そのせいか階段の脇を登る人が多いようです。
足元注意!
オンネトー登山道?
      オンネトー登山道花3

五合目までの間に、昨年の台風の影響で、
あちらこちらに倒木が登山道を塞いでいます。
倒れた松に新芽が出ていて、森の再生を感じます。
オンネトー登山道倒木

                     オンネトー登山道松の新芽

オンネトー登山道5合目

更には登山道が崩壊したところもあり、迂回を余儀なくされます。
オンネトー登山道崩壊

6合目を過ぎ森林限界を超えると空が開けてきます。
雲が流れるように北から南へ移動してきます。
山頂付近は強風のようです。
オンネトー登山道3

天気はいいので阿寒富士も大きく見えています。
オンネトー登山道阿寒富士

振り返ればオンネトーの鮮やかな色が視界に入ります。
オンネトー登山道4

                 オンネトー登山道花4

7合目を過ぎ、火口に近づきます。
勢いよく水蒸気が吹き上がっています。
この風向きで硫黄ガスは危険です、早めに火口尾根に向かいます。
オンネトー登山道5

頂上までもうすぐですが、思った通りの強風。
オンネトー登山道火口1

ウィンドブレーカーのフードを被り、ストックを両手に登ります。
オンネトー登山道6

頂上手前で雌阿寒岳お決まりショット、パチリ!
オンネトー登山道火口2

10:55雌阿寒岳山頂到着。
雄阿寒岳や遠く斜里岳も見えます。
雌阿寒岳山頂(6月)

天気はまあまあなんですが・・・・。
もの凄い風が吹いていました。
山頂では皆さん足早に下山していきます。
我々夫婦もサッサと下山です。
雌阿寒岳頂上下山

森に入れば無風状態で汗が出ます。
ウィンドブレーカーを脱いですっきり。
登るとき気づかなったんですが、
登山道に立木がアーチ状に掛かっているところあり。
オンネトー登山道下りアーチ

                オンネトー登山道花5

12:55登山口へ無事下山しました。
往復5時間の山行でした。最近ローペースでこんなもんかな!
オンネトー登山道7下山

今シーズンようやくの山行はまずまずでした。
次回はいつ行けるのか天気次第です。
それではまた!
オンネトーと雌阿寒岳(6月)

**シュウ**


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ノンシュウ

Author:ノンシュウ
私たちのブログへようこそ!
私たちは北海道の大自然の中で、野山の美しい景色や、街中での美味しい物(お酒も)を見つけ日々、夫婦+ワン(犬)で楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR