スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

故郷の山「斜里岳」

シュウです!
今年の夏も斜里岳へ行ってきました。
昨年は単独で、「山の日」制定初年に登りました。
今年もと思いましたが、天気が雨で記念行事もあり、
かなり混んでいる様相で、お盆明けにnon奥さんと
行くことにしました。
今回のルートはnon奥さんのリクエストで、
登り旧道、下り新道です。
斜里岳旧道/新道ルート図

先月の雄阿寒岳で体力に自信喪失していた為、
今回は早くに釧路を出ることにしました。
(アンファンの晩御飯までには帰らなければ!)
8月19日(土)5:00自宅出発。天候高曇り。
札弦道の駅、「パパスランド」でトイレタイム。
天気が良ければ斜里岳がキレイに見えるのですが・・・。
雨は降ってませんが、雲が多い空模様。
斜里岳8月~パパスランドより

7:30 登山口の清岳荘に到着。
天候曇り、気温18℃、風無し。
駐車場には結構な車がとまってました。
清岳荘P

7:45 装備を整え、いざ出発!
頂上は見えません。
斜里岳8月清岳荘
斜里岳8月清岳荘登山口

出発して程なく旧清岳荘跡の広場に出ます。
ここに来るといつも、清里の実家にいた頃
斜里岳で楽しんでいた時のことを思い出します。
小学5年の冬、清里の山岳会員だった父たちの
パーティーについてここまでスキーで来ました。
当時は大きな木造の2階建ての小屋でした。
石炭ストーブで暖を取り、持ち寄った食材で
山小屋で豪勢な料理を食べさせて貰いました。
高校の夏には従兄弟と麓から自転車で来て、ここに泊まり、
未明の旧道をご来光登山しました。(見れませんでしたが(笑))
途中から見た清里市街の明かりが印象的でした。
斜里岳旧登山口

旧道は何度か渡渉を繰り返し登っていきます。
斜里岳8月旧道1
                 斜里岳8月花1

8:40 下二股の観測所跡に到着。
ここから旧道コースと新道コースに分かれ、
上二股で再び合流します。
斜里岳8月旧道2
                    斜里岳8月花2
斜里岳8月旧道下二股登り
(左が旧道コース)

旧道コースは上二股まで大小の滝を登っていきます。
暑い夏には最高に涼しいコースです。
しかし今回はそれほど暑くはありません。
斜里岳8月旧道水連の滝
         斜里岳8月花3
                  斜里岳8月花4

9:10 羽衣の滝到着。ここで一服。
斜里岳8月旧道羽衣の滝
          斜里岳8月花5
                  斜里岳8月花6

更に滝は続きます。
斜里岳8月旧道万丈の滝
              斜里岳8月花7

7月頃はしぶきをあげて流れる「七重の滝」や「霊華の滝」も
今日はおとなしい。
斜里岳8月旧道3

10:20 上二股まで来ました。
先客の登山者が居ました。65~70歳くらいでしょうか。
長野の松本から道東の山へ登山に来たそうです。
すでに他のメンバーは頂上へ向かっていて、
この方はみんなで新道を登って来て、「私はここまで」と、
メンバーが降りてくるのを待っていました。
その際、クマ除けにと笛を渡されたそうです。
明日は羅臼岳へ登るそうです。
ツアーなのかわかりませんが、無理は禁物です。
(私も人のことは言えませんが
元気そうでしたので、私たちは先へ行かせてもらいました。
斜里岳8月旧道上二股

ここから「馬の背」まで急登の「胸突八丁」です。
暑い夏は沢から離れて結構こたえます。
斜里岳8月旧道胸突き八丁

そして馬の背手前はガレ場を登ります。
胸突き八丁終わり頃、にぎやかな声が聞こえます。
「私たち頂上行きますから、馬の背で待って居て下さい。」
「お前達、俺を頂上に連れて行ってくれないのか~!」
よく見ると若い人達の最後尾にちょっと遅れて男性が登ってました。
追いついた私達に「でも50代の私を誘ってくれてうれしいですよ!」と
頑張ってついて登って行きました。

12:10 馬の背到着。頂上はガスがかかっていて望めません。
先程のパーティーを抜いて先に行きます。
最後の頂上へ続く尾根を登っていきます。
神社がボヤッと見えてきました。(山行の無事を祈願
斜里岳8月頂上前神社

最後の細尾根から頂上はぼんやりと見えます。
斜里岳8月頂上方向

11:30 斜里岳頂上到着。
気温18℃ 風無し。辺りはガスで真っ白、なにも見えません。
暖かいせいか大型の虫がぶんぶん飛んでいます。
斜里岳8月頂上

虫を逃れて頂上直下の観測所跡地の小さな緑地で腰を下ろしました。
昭和11年6月日食を観測するために建てられたそうです。
(しかし当日は曇りで観測出来ず。
先程の50代男性と若手のパーティーも頂上へ着いたようです。
めでたしめでたし!
斜里岳8月頂上(旧観測所跡)

11:50 先程のパーティーに緑地を譲って頂上を後にしました。
              斜里岳8月花8

12:35 上二股まで戻ってきました。
先程の松本から来た登山者はいません。
メンバーと下山したようです。
ここから新道コースへ向かい熊見峠を目指します。
斜里岳8月新道→熊見峠

新道尾根からようやくチラッと斜里岳山頂が見えました。
雲の流れが速く、すぐに見えなくなりました。
斜里岳8月新道から山頂

13:20 熊見峠到着。途中左手にチラッと摩周湖も見えていましたが、
クマは見えません。(それでいいんですが、居たら大変!)
斜里岳8月熊見峠

ここからが新道の核心部。
登りも大変ですが、下りも大変です。
少し尾根を下って一気に旧道との合流点まで
標高差200ⅿ程下ります。
二股近くまで下りると灌木や倒木で作られた階段状の足場があり、
以前より降りやすくなっていました。

14:20 下二股の旧道コースに合流しました。
やれやれ。何度降りてもしんどいです。
斜里岳8月下二股(下山)

下二股観測所跡地で小休止した後、
15:20 清岳荘登山口へ戻りました。
朝、沢山とまっていた車も疎らになっていました。
清岳荘の自販機で冷たいドリンクで一息つけました。
結局往復7時間半掛かりました。
清里町登山ガイドでは旧道登り3時間、新道下り2時間半
往復5時間半です。駄目だこりゃ!
こんなペースでは来月のマーボとの斜里パンケニワナイ沢
登攀は厳しいな~。
次は西別岳~摩周岳山行です。
めげずに頑張るぞ~!
non奥さんお疲れさまでした。
次回も宜しくね!

**シュウ**
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ノンシュウ

Author:ノンシュウ
私たちのブログへようこそ!
私たちは北海道の大自然の中で、野山の美しい景色や、街中での美味しい物(お酒も)を見つけ日々、夫婦+ワン(犬)で楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。